愛媛県高等学校野球連盟
 Ehime High School Baseball Federation

学生野球憲章
アマチュア問答集
高校野球用具の
使用制限
愛媛県高等学校
野球連盟規約
加盟に関する規定
責任教師・監督・部員に関する規定
大会に関する規定
表彰規定
各大会優勝校
ならびに出場校

規 

愛媛県高等学校野球連盟規約
             第1章 名称及び事務所
第1条 本連盟を愛媛県高等学校野球連盟と称す。(以下,本連盟と称す。)
第2条 本連盟の事務所を会長または理事長の在勤校内におく。
             第2章 目     的
第3条 本連盟は高等学校野球の健全なる発達を図ることを目的とする。
             第3章 組     織
第4条 本連盟は愛媛県内の高等学校であって本連盟の趣旨に賛同するものをもっ
   て組織する。
  2 本連盟は財団法人日本高等学校野球連盟(以下,日本高野連と称す。)の
   組繊に加わる。
             第4章 事     業
第5条 本連盟は第3条の目的を達するため次の事業を行う。
  (1)高等学校野球に関する調査・研究並びに指導・奨励
  (2〉高等学校野球大会並びに試合の開催
  (3〉その他本連盟の目的達成に必要な事項
             第5章 役     員
第6条 本連盟に次の役員をおく。
  (1) 会 長  1名
  (2) 副会長 3名(ただし,1名は私学とする。)
  (3) 理事長 1名
  (4) 理 事 若干名
  (5) 評議員 各加盟校2名(校長と責任教師)
  (6) 監 事  2名
第7条 会長は本連盟を代表し,会務を統括する。
  2 会長は理事長を理事の中より委嘱する。
  3 副会長は会長を補佐し,会長事故あるときはその職務を代行する。
第8条 理事長は理事を統括する。
  2 理事は本連盟の業務を執行する。
  3 理事は本連盟加盟校の野球部関係教員及び本連盟委嘱の審判委員である
   ことを要する。
第9条 評議員会は次の事項を審議する。
   (1) 会長及び副会長の選挙
   (2) 理事,監事及び審判委員の推薦
   (3) 予算及び決算の審議並びに承認
   (4) 本連盟規約の改正
   (5) その他必要なる事項
第10条 監事は会計を監査する。
第11条 役員の任期は1か年とする。ただし再任を妨げない。
  2 補欠選挙によって就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。
  3 役員はその任期が満了しても後任者の就任まではその任務を行う。
             第6章 審     判
第12条 本連盟の審判委員は評議員会において年度ごとに推薦し,会長はこれを
   委嘱する。
第13条 本連盟の審判委員は高等学校野球の本旨にのっとり加盟校の野球試合を
   主宰し,また,審判技術の指導研究に責任をもって当たるものとする。
第14条 審判委員の中から,審判長1名,副審判長2名を理事会で選出し,会長
   はこれを委嘱する。
             第7章 会     議
第15条 本連盟の会議は評議員会,理事会及び部長理事会とする。会議はすべて
   会長が統括する。
第16条 評議員会は本連盟の議決機関であって毎年4月にこれを開く。
  2 会長は必要に応じ臨時評議員会を招集することができる。
第17条 理事会は本連盟の執行機関であって会長が必要と認めたときこれを招集
   する。
第18条 部長理事会は当面の業務を審議する。
第19条 会議はすべての構成員の3分の2(委任状を含む)以上の出席を以って
   成立する。
  2 議事は出席会員の過半数によりこれを決定する。
             第8章 経     理
第20条 本連盟の経費は日本高野連の補助金,会費及び寄付金その他をもって当
   てる。
第21条 本連盟の会計年度は毎年3月1日に始まり翌年2月末日に終わる。
             第9章 規約の改正
第22条 本連盟規約は評議員会の決議によらなければ改正することができない。

               付       則
1 本連盟規約は昭和22年3月31日より施行する。
2 緊急やむをえない事項に関しては,会長において適宜処理することができる。
3 本連盟加盟校を代表するチームは1校1チーム(硬式・軟式)に限る。
4 本連盟は加盟校または選手・応援団が日本学生野球憲章の精神に違反すると
 認めたときは,当該校野球部及び当該選手に対し適当な処置をとることがある。
5 愛媛県内の高等学校は,日本高野連の加盟に関する規定を満たす学校を含む。
6 平成20年4月17日一部改正。